グローブシップ株式会社 RECRUIT INFORMATION

ENTRY ENTRY ENTRY

座談会 大卒入社4年目

大卒入社4年目の現役社員たちに、
GLOBESHIPで働くということについて、正直に語ってもらいました。
等身大の目線で、入社から今日までの様子をたっぷりお伝えします。

DISCUSSION 1 「同期」という出会い

I 同期対談ということで、私が進行を務めさせていただきます!(笑)
とりあえず、自己紹介します。N.Iです。複合オフィスビルで設備職として勤めています。設備を見ています。はい、次。

T 自分は、1年目は大学施設、2年目は複合リゾート施設、4年目の今は空港施設に勤めているT.Tと申します。総合職として働いています。すべて清掃の現場を見ています。

F 最初から複合オフィスビルで、設備職として働いているT.Fです。

I じゃ、お互いの入社時の印象を。ってことで。まず、T君はね、最初はすごい軽い人っていうかチャラいと思った!(笑)F君は、大人しいクールな人だな、と。

T I君こそ、相当チャラかったよ!(笑) よく言えば、ムードメーカーってカンジだけど。F君は、落ち着きがあって、誠実で、大人というか管理職に向いてる雰囲気だったね。今も。

F 確かに二人とも、軽いカンジ…っていうか(笑) 明るくてムードメーカー的な存在だったね。一緒にいてみんなが和むというか…

T 新入社員研修のとき初めて出会って、それからクラスというか、職種に分かれて研修していたから、肩を並べて研修を受けたわけじゃなかったけど、お互いの存在は知ってたよね。

I 研修しているうちに、みんな仲間意識みたいなのが出来上がって、自然と助け合う空気があったよね。

F うん。盛り上がってたというか、楽しかったね。

DISCUSSION 2 研修、そして現場へ

I 研修は宿題があったり課題が難しかったり、それなりに厳しかったけど、今思うと、すごく良かったって感じるね。

T そうそう。長距離ウォーキングとかやって、いつの間にか励まし合って助け合ってたし、精神的にも体力的にも支え合ってたね。そのとき辛かったことが、振り返ってみると「良かったなぁ」って思える。

F 助け合いで、最後まで頑張れたって大きいよね。

I 何ていうか“戦友”になった気分だった。

T みっちり研修受けた甲斐もあって、仕事中は自然と敬語を使うこともできてるし。「社会人」になれた感があるよね? こうやって同期として会うときは無茶苦茶だけど。(笑)

I 仕事は仕事、遊びは遊び。オンオフ分けられるって、何かいいよね。配属先に初めて入ったときは、どうだった? 現場ですぐ受け入れてもらえた?

T みんなもそうだと思うけど、ここの会社の人って、どの現場もいい人ばかりで、あたたかく受け入れてもらえたと思う。何でも教えてくれる風潮があるから本当にありがたいよね。仕事で、叱られたことある?

I もちろん、ある!(笑) いや、違うな。叱られるとかじゃなくて、危険なことに対しての厳重注意。お客様に迷惑がかかるようなことに対する注意と「安全」に対する意識を植え付けられた。

F そうそう。本当に先輩方は優しいけど、「安全を守る」ってことには厳しいね。安全第一!

T そこは徹底してるよね。仮にミスしたときも、ただ叱るんじゃなくて、まず最初に何故それがダメなのかを考えさせてくれて、どうすべきだったのかを理解させてくれるから、ちゃんと納得できる。

I 確かに。先輩に注意されても、悔しいとかムカつくとかじゃなくて、「あぁそうか」って、気づかせてもらえて良かったなって思う。

F うん。反発する気持ち以上に、ありがたいと思えるから、叱られても嫌じゃない。

T 仕事していく上で、納得いかなくて「何でこんなことしなきゃならないんだろう」って思ってたことも、今ではそのときの経験がすごく役に立っていて、もはや感謝しかないな。

I 今、下に後輩が入ってきて、つくづく思うね。

F 先輩がしてくれたように、後輩に繋いでいかないとね。

DISCUSSION 3 自分が「先輩」になってみて

I 気がつけば、4年目。それぞれの現場に後輩が入って来てると思うけど、「先輩」って立場になってみて、どう?

F あぁ、自分のところは、後輩が年上で、距離感がつかめないというか、どこまで強く言っていいのか悪いのか…。

T あるある! 自分のところは、後輩というよりパート従業員の人が多くて、60代くらいの人とかもいるから、まずは自分を認めてもらわないといけないなと思って、行動で示すことを心掛けてる。

I いざ、自分が先輩という立場になってみると、改めて先輩たちの大きさを知るよね。

T 自分が納得できる指導を受けてきた分、後輩にも同じように伝えていけるように頑張ってみてるつもりだけど、なかなか…ね。

I 今、上もいて下もいて、真ん中で…。人間関係を保ちながらって、難しいよな。…ってことを先輩に相談してる。(笑)

F 仕事のやり方を教えるだけならいいんだけどね。

I そうなんだよね…。人気者の先輩がいて、その人、どんなに疲れてても飲み会には必ず出るんだよね。夜勤明けでも絶対出る。フォローを欠かさないっていうか、ものすごく人を見てて、ひとりひとりを理解してて、コミニュケーション能力がすごい。

T そういうパワーも必要だよね。

I 後輩が入ってきたとは言え、まだまだ先輩にはかなわない。とりあえず、今の後輩はみんな素直だから、助かってるけどね。

T 確かに。素直過ぎるくらいだよね。

I 何だカンだ、先輩って立場になっちゃったけど、まだまだ自分のことでいっぱいいっぱいで、目の前のことをひとつずつやってるだけ…ってのが正直なところだなぁ…。

F 4年目でも覚えることはいっぱいあるからね。

T 責任も増えたことだし、しっかり頑張るしかないよな。

DISCUSSION 4 会社がちゃんと育ててくれる

I 新入社員研修だけじゃなくて、3ヶ月とか1年とか30ヶ月とか、その都度その都度フォローアップ研修があるっていうのもいいよね。

T 研修の度に、同期と再会できて楽しいし、自分たちがGLOBESHIPの社員であるってことを再認識できるし、自分の仕事状況を改めて頭で整理して考える機会を与えてもらえるのがいいと思う。

F そうそう。気持ちの整理ができる。最初はアルバイトの延長みたいな気分もあったと思うけど、実際に仕事してみて改めて気持ちが変わったなって自覚はある。

T 学生のうちは何でもこっちからお金を払って勉強させてもらってたわけだけど、社会人はお金をもらってやってるからね。それを自覚させてもらって、責任を感じるようになったね。

I だよね。自分の立場を理解してこそ「社会人」だよね。今回この座談会で、今こうして久しぶりに会ってるわけだけど、お互い変わったなって思ったことある? 自分は、太った!(笑)

F はい…???

T え? 変わってなくね? 最初からだろ、それ?(笑)

I 言うなって(笑) …それにしてもF君は変わらないよね。

F あ、背が伸びたかも。成長期!(笑)

I いいね! 成長してる! みんな、ひとまわり大きくなった!(笑) いや、真面目な話、外見とかじゃなくて、内面からみんなしっかり社会人っぽくなってるなって思う。

T うん。ここにいる3人に限らず、同期みんな風格が出てきたよね。

I ところで、「共友会」とか部活とか参加したことある?

F いや、まったく。

T ちょこちょこ同期とは会ってはいるけど、全体のは出てないなぁ…。

F 「共友会」とは別に、全体の同期会とかはあってもいいかもね。

T それだ! そういうことも自分たちでちゃんとやっていかないとダメだよね。ホント、そういうところだよ。自分から動かないとな!

I うゎ、ヤバイ!座談会じゃなくて、反省会になっちゃうぞ。(笑)

T あとで反省会だな、こりゃ。(笑)

DISCUSSION 5 経験を積んで、さらに成長していく

I とりあえず新人じゃなくなって、中堅ってほどでもないけど、ある程度仕事ができるようになって、これからどうしていこうと思ってる?

F この会社は資格取得に協力的だから、まずは、第二種冷凍機械責任者と2級ボイラー技士の資格をとりたいと思う。

T 資格でいうなら、やっぱ、ビル管(ビル管理技術者)とりたいな。

I おぉ、大きく出たな。

T 目標は高く持たないとね!(笑)

F ふたりは、大学は文系だったよね?

I 自分の場合は、大学は文系だけど高校は工業系だったから、そんなには違和感はなかったかな…とは言え、最初は結構、苦労したかも。

T 理系じゃなくても、研修やって、現場でも教えてもらって、やってるうちにできるようになってるのが不思議だよね。

I ホント。できるようになった自分を褒めたいね。

T 自分は今、清掃の現場なんだけど、最初は「簡単でしょ?」って、ナメてたっていうか軽く見てて、実際やってみたらカルチャーショックを受けた。いろんな技術が必要で学ぶことがすごく多かった。

I どんな仕事も、外から見てるのと、実際やってみるのとは違うよね。3年やって改めて仕事の奥深さを知るっていうか何ていうか…

F 自分は、イメージ通りというか、仕事も人間関係も満足してる。

I さすが、大人!(笑)

F いや、表に出るより、裏で支える仕事が好きなだけ。っていうか、今の仕事が自分に合ってるってこと。

T どんな仕事もやってみると大変だけど、「自分にもできる」って思えると楽しくなってくるよね。

I やっと、自分で何とかできることも増えて、仕事が楽しくなってきたし、もっともっといろんな経験してステップアップしていきたいね。

DISCUSSION 6 これから入社する人たちへ

I 果たして、この座談会で、GLOBESHIPの良さって伝わってるのかな?
大丈夫かな?

T よし、全力で、GLOBESHIPの良さをアピールしよう!

F この業界の中では、トップクラスだからね。

I しかも働きやすい!

T 思ってた以上に大きい会社で、安定してるし。先輩たちはみんないい人だし。

I どの部署にも頼れる先輩が必ずいるって、すごいことだよね。

F 同期が何十人もいるから仲間もつくれる。

T いっぱい不安があっても、必ず誰かが支えてくれる。

I 元気で明るい人、お待ちしています!

F あ、それは違うと思うよ!
GLOBESHIPに「向いていない人」っていうのは無いよ。いろんな仕事があるし、誰でも大丈夫だと思う。

I そっか。誰にでも、適した仕事がきっとある。

F 明るくても暗くても、元気があってもなくても大丈夫。たぶん。

T みんなで、GLOBESHIPをもっともっと盛り上げて行きましょう!

I みなさまからのチャレンジを心よりお待ちしております。ぜひ、僕らと一緒に働きましょう!

ページトップへ