グローブシップ株式会社 RECRUIT INFORMATION

ENTRY ENTRY ENTRY

設備職 配属先:複合オフィスビル A.Tさん 入社1年目 東京で就職することに不安がありましたが、研修と先輩と同期のおかげで頑張れています。

現在のお仕事内容を教えてください。

新しく建設された地下4階から地上30階もある大型商業ビルで設備職をしています。20名のスタッフと一緒に立ち上げメンバーとして、すべてゼロから設備職の作業工程を構築する作業に携わっています。まだ入社1年目なので、先輩に指導を仰ぎながら仕事を覚えているところです。

GLOBESHIPを選んだ理由は何ですか?

父も祖父も機械系の仕事をしていたせいか、元々機械に興味がありました。工業高校の機械システム科で学び、この業界の仕事を希望していたときに、先生からGLOBESHIPを紹介され、応募しました。女性を積極的に採用していることと社員へのフォローがしっかりしていること、それと、社宅もお世話していただけるということに魅力を感じました。

「社会人」としてのマナーに気をつけています。

仕事をする社会人として、相手に失礼のないように、嫌な想いをさせないように気をつけています。研修で学んだことが役立っています。

東京で就職すると決めたとき、ご両親の反応はどうでしたか?

母は「やりたいことをやりなさい」って賛成してくれました。父は「地元で就職すればいいじゃないか」と最初は反対していたのですが、GLOBESHIPの資料をいっぱい見せて、大きくて安定している会社だし、社宅も用意してくれるって話をして納得してもらいました。今は応援してくれています。初めてもらったお給料で、母にも父にも姉にもお財布や定期入れを贈りました。夏休みに実家に帰ったとき、プレゼントしたものをちゃんと使ってくれていたので嬉しかったです。

仕事を通じて学んだことや自分が成長したと思えることはありますか?

高校から社会人になったときは、言葉遣いからマナーから何もかも不安だったのですが、研修でしっかり教えてもらえたので、ちょっと大人になれたかなと思っています。あと、設備の実務だけではなく、この現場での書類を作成するためにExcelを使うことが多く、パソコン操作のスキルが上がったと思います。単なるイメージですが、パソコンをサクサク操作できると“できるオンナ”になれた気がして、Enterキーを押す瞬間が快感です。(笑)

仕事を楽しいと思えるのはどんなときですか?

自分でできることが増えてきたら楽しくなってきました。設備職は電気だけでなく、給排水管も管理しているので、表には見えない部分というか、床下の排水管の構造とか天井裏の排気のダクトとか「あぁ、こうなっていたんだ」って知ることができて、いろいろ楽しいです。

できることが増えていくと楽しい

現場でひとつひとつ教えてもらって、できることが少しずつ増えてきて、「仕事って楽しいな」と思えるようになりました。

同期や職場の同僚との関係は、どうですか?

職場では、みなさん明るくて元気な人ばかりで、一緒にお昼を食べながら、仲良くしていただいています。社宅マンションに会社の女性の先輩が3人いて、相談にのってもらえますし、初めての独り暮らしも、問題なく快適に過ごせています。

会社の部活動や「共友会」の活動に参加していますか?また、休日の過ごし方も教えてください。

会社の部活や「共友会」は、これから参加してみたいと思っています。休みの日は、こっちでできたお友達とお茶したり、小旅行に行ったりして、いろんな人との交流を広めています。あちこち出掛けて、地図を見て目的地にたどり着けるようになりましたし、東京での生活を満喫しています。

1日の仕事の流れを教えてください。

朝8時出社で、朝礼のあと、点検巡回をして、昼食後も点検の続きとちょっとした書類作成等の事務作業をして、何もなければ17時定時で帰宅できます。新規の現場ということもあり、やることが山積みで、忙しい日は20時くらいまで残業することもあります。

今後は、どのようなことに取り組んでいきたいですか?

仕事をしっかり覚えて、それに必要な資格をどんどん取得していきたいと思っています。丙種危険物取扱者の資格は取得済みで、自衛消防業務講習も受けました。会社が資格取得を支援してくれますし、今後、後輩が入ってきたときにしっかり教えられるように、第二種電気工事士や危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者、2級ボイラー技士の資格もとっておこうと思っています。

これから入社を希望している方々にメッセージをお願いします。

入社してから専門的知識をつけることができるので、全然経験がなくてもやっていけるようになれます。ビル管理に興味がある人には、とても魅力的な仕事だと思います。学校で勉強していたときにイメージしていた仕事より、実際の現場で働く方が想像以上に楽しいです。ぜひ、一緒に頑張りましょう!

ページトップへ